Exhibition

2022.12.17 sat. - 12.25 sun.

立花英久の塑像

立花英久の塑像

インディアン・サマー
                            立花英久
 
 夏のスキー場に行ったことがある。山の斜面は風が吹くと、ぶら下がったリフトが揺れていた。まわりにだれもいなかった。かわりに好きだった人たちに囲まれているのはわかった。そこに座っている人もいれば、立っている人もいた。しばらくホテルの赤い三角屋根をみんなと見下ろしていた。
 うまくいっているのかい?
 リフトのほうから声がして、みんながいっせいにわたしの顔を覗きこむようだった。わたしは答えなかった。
 いまも答えを待っている。そんな顔をしている。わたしはそのことに気づいている。

Scenery

Current Exhibition

Next Exhibition

Archives