Exhibition

2014.3.11 tue. - 3.23 sun.

かとう ゆめこ 展

かとう ゆめこ 展

● 描くとき、何にもなし、
考えないで描き始めてなにかになってゆく時と、
なにを描くか決めて描き始めるときがあります。

● 描き終わるとすぐに箱にしまってしまいます。
会場に絵を並べて見ること、私も愉しみです。
一枚一枚、わたしもはじめて見るような気持ちがします。

● 羽は簡単には見えないぞ! と感じ始めています。
絵にそんな変化も探してみてください。

● 葉書のサイズは特別です。  思うところを絵にして切手を貼って手紙にできます。
「羽図」以外にも描き続けて、どのくらいでしょう? 1000枚ちかい絵があるかもしれません。

● もしもあなたが私だったら  この絵をかいたのはあなたです。


2011年9月の展覧会では100枚ちょっとだった葉書サイズの絵。
2014年3月の展覧会では300枚程になりました。
かとうゆめこさんの『羽』を生やす作業はあれからずっと続いています。
「大事なことに気づくチャンスの、あの日に帰る道案内なので、描き続け、届けていこうと思っています」と話すゆめこさん。日記のように描かれた『羽図』に囲まれて、あなたもあの日に帰ってみてください。

2011年9月 かとうゆめこ展

Scenery

Current Exhibition

鎌田 克慈 展

2024.6.22 sat. - 6.30 sun.

鎌田 克慈 展

1月1日の能登半島地震以来、僕の器を気に入ってくださっているお客様、ギャラリーの方々、木地屋さん、作り手仲間...多くの方々にご支援をいただきました。 今回展示する器は、そのような方々の温かいお気持…

Next Exhibition

Archives