Exhibition

2014.8.30 sat. - 9.10 wed.

丹波 シゲユキ 展

丹波 シゲユキ 展

複雑に構成された「面」と「ライン」が印象的な丹羽シゲユキさんの作品です。ひとつひとつ研ぎ澄まされた美しい形を求め、ていねいに作られています。まるで彫刻のようですが、器としての機能も具えています。

「削り出し」と言う技法で制作された磁器の焼締め。板状の磁土を立ち上げ、特殊なカッターで造形した後表面を磨き上げていきます。しっとりとした質感を保ちながらも、シミがつきにくい仕上げになっています。

ここ二年程「茶道」にはまっている丹羽さん。「お稽古で習ったことを生かし、お茶の道具も作ってみました。『茶碗』の形状は自分らしさが出せるので楽しいです。実際に使ってみた経験、人の意見や感想など、ますます制作意欲がわいてきます。自分の器がお茶席で使われる時は見守る気持になってしまいます」と。

今回のD.M.の作品も茶碗です。他に片口、ぐい呑み、箸置きなど日常の器の新作も出品されます。「自分が作ったものを愛でて使ってもらえる喜びを、今改めて感じています」という、制作意欲に満ちた丹羽さんの展覧会です。

Scenery

Current Exhibition

鎌田 克慈 展

2024.6.22 sat. - 6.30 sun.

鎌田 克慈 展

1月1日の能登半島地震以来、僕の器を気に入ってくださっているお客様、ギャラリーの方々、木地屋さん、作り手仲間...多くの方々にご支援をいただきました。 今回展示する器は、そのような方々の温かいお気持…

Next Exhibition

Archives