Exhibition

2007.10.4 thu. - 10.11 thu.

丹羽 シゲユキ 展/Shigeyuki Tanba 磁器

tanbainfoweb2.jpg


2007.10.4 [thu] – 10.11 [thu]
白夜想即興–––––
「今宵密ひとしづく」「今宵密たゆたふ」「まどろむかたち」
これらは、昨年の個展に出品された作品タイトルです。
今年の展覧会タイトルは「白夜想即興」
言葉を創るのが好きで、すべてご自分で考えるそうです。
そして、これらの言葉が持つ印象にぴったりのモノが、丹羽さんの手から生まれます。
その制作工程は、集中力と根気で成り立っているといってもよいでしょう。
まず始めに、ある程度の厚さのあるおおよその形を作り、半乾きになったらカンナやナイフでラフに削り出し、完成に近い形で素焼きをします。
そしてさらに面の部分を磨き、満足のいくしなやかなカーブを際立たせたところで、本焼きをします。さらに軽くペーパーを当て、肌触りのよい質感にまで仕上げます。
“昨年までは、立体の装飾性として「ライン」の構成にこだわり制作してきましたが、今回は「面」の構成で、動きを強調した立体作品に挑んでみたくなりました”と丹羽さん。
昨年、北海道の広い工房に移ったことも影響しているのでしょうか。
“もう少し大きいものが創りたくなりました。また、用途が備わってもかつ、美しい形を追いかけてみたく、片口をいろいろ創ってみました”とも。
狙ったフォルムに近づけようと、手捻りの技法も加えました。
また、ラスター彩という新しい色合いも増えました。
研ぎすまされた美しい形を求めて、ひとつひとつていねいに創られた作品です。
今回は“使う”という要素も加わり、よりいっそう所有欲がかきたてられます。

Online Store 丹羽 シゲユキ

Artist Information 丹羽 シゲユキ

Current Exhibition

鈴木秀昭作品展 ーKutani Vessel-
鈴木秀昭さんは挑戦し進化する作家です。 色鮮やかな色彩に金彩を施した九谷の色絵は曼荼羅・宇宙を宿す文様が精密画のごとく表現され、鈴木さんならではの世界観が表現されています。 今回の展覧会では、…

Next Exhibition

望月薫  /  Who ーMaterialsー

2024.7.20 sat. - 7.28 sun.

望月薫 / Who ーMaterialsー

望月薫さんは土を素材とし、工芸や民藝の観点から轆轤(ろくろ)成形を主とした陶の造形作品を、Whoさんは鉄を素材とし、アートの観点から工芸技法を取り入れた立体作品をそれぞれ展示。人の手によって再構成・構…

Archives