Exhibition

2011.4.2 sat. - 4.11 mon.

小梛 真弓 展/Mayumi Onagi 乾漆 

20110402onagiDM.jpg


2011.4.2 [sat.] – 4.11 [mon.]
掌 心 地 (てごこち)
『漆』という、時には非日常的なものと思われがちな素材を、まるで導かれた合いの手のように、自由な発想のもと、制作に励んでいる小梛(旧姓・生田)真弓さんです。 小梛真弓さんは、“乾漆”という思いどおりのフォルムを可能にする技法で、今までの漆の世界では考えられなかったアイテムの作品をいろいろ制作しています。 “漆ポッケト”と名付けたいつも身に付けられるモノ入れ、醤油差し、筆入れ、バッグ、アクセサリー、そしてスピーカーボックスなど、など。 「やってみたいと思うことをとりとめなく制作し、やりながら“漆”という素材を、ますます知ることができました。そして、向き合うたびに、漆は生きていると感じます」 『掌心地(てごこち)』・・・ 視覚や手触り、質感、とかいう直接的な感じ方だけではなく、それを手にのせた時、心に響いてくる内面的な感じ方がこの言葉だったそうです。おまけにもともとある日本語ではないそうです。 「これまでは、作品に用途を持たせることが、使う人にとっては身近な存在になると考えていたのですが、この頃は、自然に生まれてくるカタチを作りたいと思うようになりました。『使われないという用途もある』という言葉にも励まされています」 結婚という、新しい境地も存分に生かして、、、。 楽しみな新作展です。

Online Store 小梛 真弓

Artist Information 小梛 真弓

Current Exhibition

鈴木秀昭作品展 ーKutani Vessel-
鈴木秀昭さんは挑戦し進化する作家です。 色鮮やかな色彩に金彩を施した九谷の色絵は曼荼羅・宇宙を宿す文様が精密画のごとく表現され、鈴木さんならではの世界観が表現されています。 今回の展覧会では、…

Next Exhibition

望月薫  /  Who ーMaterialsー

2024.7.20 sat. - 7.28 sun.

望月薫 / Who ーMaterialsー

望月薫さんは土を素材とし、工芸や民藝の観点から轆轤(ろくろ)成形を主とした陶の造形作品を、Whoさんは鉄を素材とし、アートの観点から工芸技法を取り入れた立体作品をそれぞれ展示。人の手によって再構成・構…

Archives