Exhibition

2017.5.26 fri. - 6.4 sun.

鈴木 秀昭 展

鈴木 秀昭 展

細密画のごとく果てしなく描き込まれた文様。金彩を含む多彩な色合い。曼荼羅、天空、宇宙と、どんどんトランス状態に陥りそうな絵付の世界が、鈴木秀昭さんの特徴です。「文様」という装飾性を自分なりの新しい視点でとらえ、作陶を続けています。

「一般的に工芸というと、繰り返しの作業で数を作ることを目的としていますが、私は自分にしか作れない物をあえて作っていこうと考えて、ずっと制作して来ました」と。

鈴木さんは今年の3月、中国の景徳鎮で制作するという機会を得ました。鋳込みの型作りから上絵付けまで、思惑通りに表現してくれる現地の職人達の手を借りて、制作が出来たそうです。D.M.写真は、日本で最終仕上げをして完成に至った作品です。

今回は、この新たな試みで生まれた作品と、ぐい呑の新作が揃います。

「考える事が好きです」と言い切る鈴木さん。毎回、その時々の制作の意味を作品に込めて、個展に臨んで下さいます。

Scenery

  • Blue Elephant Pot
  • 花器ーFlower Child
  • 花器ーSilver Child
  • 色絵金銀彩陽光碗
  • 色絵金銀彩龍雲大皿
  • 色絵金彩 Cosmic Flower カップ&ソーサー
  • Cosmic Sake Plate-Cosmic Rabbit
  • Cosmic Rabbit Vase
  • Cosmic Sake Cup

Current Exhibition

鈴木秀昭作品展 ーKutani Vessel-
鈴木秀昭さんは挑戦し進化する作家です。 色鮮やかな色彩に金彩を施した九谷の色絵は曼荼羅・宇宙を宿す文様が精密画のごとく表現され、鈴木さんならではの世界観が表現されています。 今回の展覧会では、…

Next Exhibition

望月薫  /  Who ーMaterialsー

2024.7.20 sat. - 7.28 sun.

望月薫 / Who ーMaterialsー

望月薫さんは土を素材とし、工芸や民藝の観点から轆轤(ろくろ)成形を主とした陶の造形作品を、Whoさんは鉄を素材とし、アートの観点から工芸技法を取り入れた立体作品をそれぞれ展示。人の手によって再構成・構…

Archives