Exhibition

2018.2.23 fri. - 3.4 sun.

西山 雪 展

西山 雪 展

しんしんと降り積もる雪がすべてを白く包み込み、まばゆい朝日に樹氷が耀く。凍てつくほどに美しい冬を暮しながら、春の足音に待ちこがれる。白銀の北海道から、真っ白な雪景色と春のはじまりをお届けします。


ふと立ち止まって感じる季節の移ろいを、ていねいに情緒的に、ガラスに映し描いた作品を作り続けている西山雪さん。

その基となるガラス器は、宙吹きで自から成形します。その後サンドブラストの彫りに加え、エナメル彩で細やかな施していくという、手の込んだ技法に取り組んでいます。

「犬との散歩の傍ら、陽の光や風の匂いに季節を感じ、目に止まったものをスケッチしたり、写真を撮ったり、水彩画を描いたりしています。観察するほどに発見があり、自と描き方が細かくなってしまいます」と、話す西山さん。北海道の自然環境を全身に浴びながら、制作のテーマが次々と湧き出てくるようです。

「冬の北海道が好き!」という西山さん。今回は、真っ白な雪景色と、待ちわびる春の息吹きを描いた作品が揃います。サボア・ヴィーブルでは「夏」「秋」に続いて「冬」がテーマの西山雪さんの個展です。

Scenery

  • はなえみ 大平鉢
  • はなえみ 大平鉢
  • mimosa
  • 梅想い
  • 蓋物
  • なのなのはな
  • 樹氷の朝 大鉢
  • フプの冬 子鹿兄弟
  • 風花

Current Exhibition

鈴木秀昭作品展 ーKutani Vessel-
鈴木秀昭さんは挑戦し進化する作家です。 色鮮やかな色彩に金彩を施した九谷の色絵は曼荼羅・宇宙を宿す文様が精密画のごとく表現され、鈴木さんならではの世界観が表現されています。 今回の展覧会では、…

Next Exhibition

望月薫  /  Who ーMaterialsー

2024.7.20 sat. - 7.28 sun.

望月薫 / Who ーMaterialsー

望月薫さんは土を素材とし、工芸や民藝の観点から轆轤(ろくろ)成形を主とした陶の造形作品を、Whoさんは鉄を素材とし、アートの観点から工芸技法を取り入れた立体作品をそれぞれ展示。人の手によって再構成・構…

Archives