Exhibition

2019.10.4 fri. - 10.14 mon.

皆川 禎子 展 | 幽き触手 

皆川 禎子 展 |  幽き触手 

くらげの触手は海中にたゆたい、長く細く、時には目に見えません。しかし、確実に存在する、、、そんなところに惹かれます。秋、海から人々の歓声が消えた後、ひっそりと触手を伸ばして漂うガラスのクラゲです。


皆川禎子さんはニッチ(隙間)な世界を求め、バーナーワークという技法で、驚くほど繊細で精巧なガラス作品を制作しています。

実にリアルなガラスの昆虫たちは、図鑑やマニアの方々の情報をもとに制作されています。一方、精巧なガラスのフィギュアたちは、読書好きな皆川さんが空想を膨らませた、小さくて、可愛くて、楽しい世界です。

今回のDM作品。長い潜伏期間を経てついに完成という、、、海中を漂う立体クラゲの蓋物です。

「幽けき」とは、今にも消えてしまいそうなほど、薄い、淡い、あるいは仄かな様子を表す語。皆川さんが求めている制作のテーマでもあるようです。

Scenery

  • 幽き Ⅰ
  • シオカラトンボ オオカマキリ
  • ニシキゾウムシ
  • ゴライアスハナムグリ
  • 蟷螂蘭
  • レースポット  文鳥ちゃん
  • 相撲日和  べく杯
  • 小象のサーカス べく杯
  • 小鳥日和 小壺

Current Exhibition

鈴木秀昭作品展 ーKutani Vessel-
鈴木秀昭さんは挑戦し進化する作家です。 色鮮やかな色彩に金彩を施した九谷の色絵は曼荼羅・宇宙を宿す文様が精密画のごとく表現され、鈴木さんならではの世界観が表現されています。 今回の展覧会では、…

Next Exhibition

望月薫  /  Who ーMaterialsー

2024.7.20 sat. - 7.28 sun.

望月薫 / Who ーMaterialsー

望月薫さんは土を素材とし、工芸や民藝の観点から轆轤(ろくろ)成形を主とした陶の造形作品を、Whoさんは鉄を素材とし、アートの観点から工芸技法を取り入れた立体作品をそれぞれ展示。人の手によって再構成・構…

Archives