Exhibition

2012.8.18 sat. - 8.27 mon.

竹本 亜紀 展/Aki Takemoto ガラス

竹本 亜紀 展/Aki Takemoto ガラス

竹本亜紀さんの作品は、色を重ねて描かれた抽象画のようでもありますが、光を透過するガラスの特性が充分に生かされています。

エナメル彩で描かれた薄いガラス板を何枚も重ねることによって、絵の具では表現しきれない奥行きを感じさせます。
それは、色と筆のタッチを楽しみ描きながらも、余白を残したり色が重なり合うことを計算に入れたりと、ガラスならではの効果を狙っています。

また、小片にカットしたモザイクのガラスパーツを再構成し、形を作り磨き上げるという、工芸的な技術を駆使し、手間をかけて仕上げています。

「他とは違う、独自性のあるガラス表現はなにか?と、いつも考えていました。ペンキが剥がれている質感や色合いが好きだったり、染めた糸が重なり合った織物の表情が好きだったり、ガラスで何かできないかといろいろ試していたところ、偶然からこのテクニックに至りました」と。

「だれもやっていないことを、、、」「自分らしさとは、、、」と、常に向上心をもって制作に励んでいる竹本さん。

建物やオフィースのエントランスモニュメントなど、1メートルを超える大きな作品もいくつか制作し設置されています。

「ツヅレオリ」と題された竹本さんの新作展。楽しみです。

Scenery

  • 一輪挿し
  • キューブ
  • 一輪挿し
  • キューブ
  • 皿とオブジェ
  • 皿
  • オブジェ

Current Exhibition

鎌田 克慈 展

2024.6.22 sat. - 6.30 sun.

鎌田 克慈 展

1月1日の能登半島地震以来、僕の器を気に入ってくださっているお客様、ギャラリーの方々、木地屋さん、作り手仲間...多くの方々にご支援をいただきました。 今回展示する器は、そのような方々の温かいお気持…

Next Exhibition

Archives